中古の家を購入しリフォームしようと思ったが、3年そのまますぎてしまう

私は結婚してからすぐに旦那と二人で住む為の家を探し始めました。
なかなか見つからず、とりあえずと言うことでボロボロのアパートを見つけ住み始めました。
新婚生活は、最悪なボロボロのアパートからスタートしました。
そのあと子供もでき、さすがに引っ越そうと思い不動産やさんに行きました。
どうせなら一戸建て(中古)を買おうと決めていたので、一戸建てに絞って数件、見学に行かせてもらいました。
すると2軒目で、良い雰囲気の家を見つけ、両家の親たちにも見てもらい、結構早く購入することが決まりました。
小学校の近くで、高台にある、平屋の一戸建て。
数年後におきるであろう大震災のニュースなどを、見ていたので津波も怖かったし、高台にある事が一番安心できました。
中古で、築25年と古い家だったので安く、800万円で購入でき、間取りも4LDKに、離れも2部屋あり広さも十分でした。
ただ、どうせならお洒落な一戸建てに、住みたいと考えていたのですが、実際買ったこの家は、和室の畳のお手入れが大変だったり、ベッドを置きにくいなど不便な点もあります。
自分達でお洒落にできると思っていたけど、住んでみるとついついそのまま、和風なまま暮らしてもう3年が過ぎました。
買ったばっかりの時は掃除などで苦労しましたが、今となっては子供の友達とママを誘ってお泊まり会をしたり、庭で大勢でバーベキューをしたり、楽しいことだらけです‼
アパートの時には友達を呼んでご飯とか、お泊まり会をするなんて絶対無理だったので、やっぱり一戸建てを買って正解だったと思います。
それに、子供達が落書きをしても全然良いし、昔の家ならではで、柱に身長の高さにマジックで印をつけたりしています。
この家は、私たち夫婦が同時にビビビッと来て、即購入を決めたので、私たちはこの家に住む運命だったのかな?と思います。
これから家族4人で、もっともっと思い出を作りながら、笑顔溢れる家にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です